間 (ま)

和を想う ~池田社長ブログ~

間(ま)

 茶道の腕前をもっと磨くために、家元道場での特別稽古に通っています。土日の一泊二日で年に4回開催されるのですが、丁度1年たったころのお話しをします。

 いつも課題の手前を相当に稽古してのぞむのですが、家元のレベルは高く上がれません。

お茶道・お茶席体験の話し和想館

 師匠から「大丈夫今度は上げてもらえるわよ。」と太鼓判を押してもらえるほどに仕上げてのぞんだのですが、それでも初日は進級できず。日曜日は、開き直って、本当に一つ一つを丁寧に、ゆっくりと進めてみました。すると、先生から膝に置く手の位置を一瞬注意されただけで、最後まで止められることなく進行することができました。

お茶道・和文化・お茶席体験の話し和想館

 そして終了後、進級を告げられました。

 私は、「間(ま)」だと思いました。

 家元は手前の確実さと共に、お客様が心地よい間で、手前を進められる心配りを重んじておられるんだと、少し解ってきました。