母の着物を今風に・・

和を想う ~池田社長ブログ~

母の着物を今風に

 母の着物を今風に着ることができないでしょうか?とのご相談を受けました。絞りの蛍光色のような黄緑色の着物だとか・。

 まず、今風とは、どういうイメージをもたれているのでしょうか? 確かに、2,3年前までは、ずーっとシックな色味が着物でも人気でした。でも最近は明るめの色も動くようになってきました。だから、明るい黄緑も古臭くは無いと思いますよ。

今風の着物・モダン着物・黄緑の着物・母の着物の話しブログ

 ただ、多色使いは、今風ではないかもしれませんね。30年前の大島紬は、柄の部分にたくさんの色が使われていましたが、最近はあまり色を使いません。少ない色数ですっきりと合わせるのが、今風ですね。

 例えば、全体が明るい黄緑の着物に、色数を抑えて、帯は同系色かベージュで。帯締めは着物か帯の色に合わせておいて、帯揚げに少し違った色を入れると、すっきり今風。

 帯揚げにポイントを置くと、周りの目線が上にいくので、スマートにも見えますよ!