シルクロード

和を想う ~池田社長ブログ~

シルクロード

 「シルクロード」という言葉は、ドイツの地理学者・リヒトフォーヘンが1877年に出版した著書のなかで使ったのが始まり。彼は、2000年以上も前から、ローマに中国の絹が輸入されていたことを知り、ローマ中国間の交易路をシルクの道と名づけたのでした。

 シルクは紀元前3000年頃に中国で発明され、長い間その技法は他国にもれることなく、世界中の憧れの織物でした。シルクを織れなくなった女工は殺害してまで、技法が他国にもれることを防いだそうです。クレオパトラがまとった衣も中国の絹織物だったとか。

  そしてシルクロードの西の始まりがローマであれば、東の終着点は日本なのでした。特に奈良時代には遣唐使を通じて、世界中の宝物を平城京(奈良)に持ち帰りました。

 その宝物が、1300年たった現在まで、世界でも他に類をみない程に見事な状態で、ほぼ略奪も破壊もされることもなく、保管されているのが、現在公開中の奈良の正倉院なのです。